ビックカメラでビットコイン決済してきたのだが.....

おおすげえ!ドヤ顔でクレカ決済出来る! って訳で札幌のビックカメラ行ってビットコイン決済してきました。

……

ビットコインで決済するだけで記事にするわけ無いじゃん。

はい。

まず店員がビットコインを知らない

ぼく「びっとこいんでw」
店員「・・・?はい?」
ぼく「・・・・????」

2秒くらい空気が止まったのですが、2分くらいに感じました。

ぼく「えっビックカメラって全店舗でビットコイン決済対応してるんじゃ・・」
店員「確認しますねー」

で、ここで3分待たされました。3分。

隣でレジ打ちしてるイケメン店員さんが親切に 「bitFlyerですねー。こちらのipodに.. あれ」

QRコードを表示するipodが壊れてた


このipodでQRコードを表示して、スマホでびびびーーーっとやるのですが、どうも壊れてたみたい

というか、Google Home Miniと同時購入で半額の裏に隠れてたため、店員も探すのに苦労してました。

別フロアで決済お願いしますー→確認しますねー

どうやら別フロアで対応してるのか確認してたらしい、
その”確認”に10分待たされ、レジの後ろ見てみるとずらーーーと 軽く20人は並んでました。

レジ4つあるのですが、他の人も在庫確認で時間かかってたそうです。

10分も待ち、並んでる人の視線に耐えながら、下のフロアへ案内してもらいました。

エスカレーターで

ぶっちゃけビットコイン決済じゃまじゃないすかw」
と聞いたら、
「邪魔ではないです、決して、 今回は運悪く ipodが壊れてただけなので 運悪く」

と、明らかに裏では「めんどくせ~wwwwww」って言ってそうなお答えをいただきました。

無事決済は完了、 たかがUSB延長ケーブルを買うのに20分かかりました。

まとめ

実際に使ってみた感想を1行にまとめると、 「これ、bitcoinの特徴使えてなくね?」 です。

ビットコインって非中央集権が売りなのに、取引所がそういうビジネス始めたら、アカンでしょって。

名目上はビットコインで決済 なんでしょうが、ビットコインを使ったのではなく、 「bitFlyerのwalletの残高を内部的に調整し、ビックカメラのアカウントに移動した」 だけであって、

決して 「ビットコインを利用している」 わけではないなあと。 因みにレシートはビットコインとなっていました。

非課税になってて、節税できるのがものすごくオトク ヨドバシとかの10%ポイント還元だったら経費にする分には最強かもしれない